2023年の振り返りと2024年の抱負 | HighBaller
HighBaller

2023年の振り返りと2024年の抱負

2023年はたくさんの新しいことたくさんの仕込みをした年でした。

GREEの田中さんが話していた「成功は星の輝き」と言葉が僕はすごく好きで、簡潔に言うと「起業家の成功の確信」「世間から見える成功」には時間軸でギャップがあるよねと言う話で、それを事業をしててすごく感じることが多い1年でした。

2023年もこれはいけるなと言うものがいくつか作れたので、2024年はそれが表に星の輝きが溢れる年になるんじゃないかなと思います。

2023年は「自己理解」の年

ブルーロックという漫画の中で、成長や覚醒はすべて自己理解から始まり、自分のゴールの方程式を見つけ再現性もてるようになることが「覚醒」だということを述べられていて、自分のゴールの方程式ってなんなんだろうを考える2023年だったなと振り返れば思います。

自分の「絶対的な武器」は何で、それはどう言う時に発揮されるのかをまずは言語化しようと思い「自分の絶対的な武器」「それが発揮できる時」の解像度がめちゃくちゃ上がったことでめちゃくちゃ成長できた1年だったなと改めて思います。

ブルーロック第24話 金城宗幸  (著), ノ村優介 (著) 

それを感じられたはCXO陣の存在が大きく自分のゴールの方程式の言語化が下記の記事で大枠されているのでここでは割愛するのですが、ゴールの方程式を満たすために必要なのはいい人材の「採用」だと言うことをより感じました。

2023年やったこと思い出せる限り書いてみる

  1. ドレッド山田1月1日に立ち上げ。総フォロワー550万人突破
  2. 世界初!Vhigh!のNFTを活用した公開オーディション開催
  3. Vhigh!からVTuberがデビュー(完全収益還元モデル)
  4. NSC生を1年密着する「芸歴0年目」やってみた
  5. シンガポール移住してみた(半年くらい)
  6. 日本の社員化・仕組み化を本格的に開始
  7. AIタレント事務所の子会社「株式会社TANSAN」を立ち上げ
  8. AIタレント「葉月麻衣」でAIカノジョというサービス出してみた
  9. AIタレント「Lemon」をハイボール2人目の広報に
  10. 世界初でVTuber事務所としてタレントの公式LoRAを作って配布
  11. エンタメのM&Aと言うYouTube開始してみる
  12. Vhigh!のYouTubeとAMAを毎週開始してみる
  13. Vpo!というコミュニティーポイントをリリース
  14. ドレッド山田フォートナイトのワールドをリリース
  15. 2023年版の社歌をリリース
  16. 東大松尾研との共同研究を発表
  17. Vhigh! Avatar Gen 1.0をFREE MINT
  18. Vhigh! Avatar Gen 1.0のSBTをリリース
  19. 誰でも簡単にビデオ通話でアバターになれるVme!出してみた
  20. AIタレントを誰でも作れるチャットサービスを出した(ステルス)
  21. AIタレントをToBに向けの事業を開始
  22. Vme!のデスクトップ版をリリース

かけてないものも多分たくさんありますが、ほとんどのことは失敗してる。いかに打席が大事かということをいつまでも僕自身体現していきたいなと思います。

一番いい失敗はシンガポール移住でした。僕の住むべき場所は日本だなと。

2024年の抱負「日本の文化を世界に届ける」

2024年は数年間の仕込みが色々と表のわかりやすい成果として現れる年になると思います。そして僕は改めて日本の文化が好きなので、今年は日本の文化を世界に届くものに昇華したものをたくさんやっていきたいなと思いくつか仕込んでいます。

僕の好きな言葉で「目標の高さと難易度の高さは決して比例しないが、多くの人は比例していると誤解して遠回りをする」という言葉があります。誰が言ったかは忘れましたがとても好きな言葉です。

企業がどこまででかくなるかは創業者がどこで満足するかだなと周りの起業家を見てほんと思うことが多いのです。いつまでも高い目標を永遠に言い続けるところだけは僕にも少し才があるのかなと思い、自分にも仲間にもたくさんの無茶振りをして面白いものをたくさん作れる1年になったらいいなと思います!

来年もたくさんの伝説と楽しいエンタメをもっと作れるよう精進します!

良いお年を!

大田 卓矢

CEO

大田 卓矢

株式会社ハイボール CEO 大学在学中、19歳で1社目を起業。 地方で複数の事業立ち上げをきっかけに事業作りの楽しさを知る。 大学を休学し、Onokuwa・KinecaなどのIT企業のインターンを経験後、フリーランスとして独立。 半年後に株式会社ハイボールを創業。伝説の会社を創ることが目標です。